環境を守るためには│産廃選別でリサイクル

ダンボール

廃棄物の処理を依頼

二人の作業員

埼玉では産業廃棄物の処理をするために、多くの決まりがあってこれを守らないと処理することができません。そのため多くの企業や店舗が、産業廃棄物の処理を行なっているごみ処理業者に依頼して処理を行なっています。

Read More...

業者が行なう方法

男性

産業廃棄物処理は、廃棄物を排出した企業や店舗が責任をもって行なわないといけません。ですが、産業廃棄物の処理は複雑で失敗してしまうと周りに迷惑をかけてしまうので、処理業者に依頼して安全に処理してもらいましょう。

Read More...

廃棄物をリサイクル

工場

工事現場や工場などから出るゴミのことを産業廃棄物といい、産廃とも呼ばれています。この産廃には燃え殻や油、プラスチックや泥などが含まれていて、これらの中にはリサイクルすることで、また使用することができるものがあるかもしれません。ただ捨てるだけでは環境にも良くありませんし、まだ使用できる資源を活用することで経費削減にも繋がるでしょう。活用できる資源を探す作業のことを産廃選別といいます。この産廃選別を行なう時は、選別するための機械を使用するようにしましょう。産廃の中には危険物や大きな廃棄物などがあるため、人の手で作業を行なうことは難しいはずです。万が一手で作業を行なうと怪我をする恐れがあるため、産廃選別は機械を使用して行なうようにしてください。産廃選別で使用する機械は、環境リサイクル機械の貸し出しを行なっている業者からレンタルしましょう。ある業者では、工事現場の木材のゴミや解体土砂などの選別を行なうことができる、振動フルイ機の貸し出しを行なっています。この機械を使用することで、木くずの大きさごとに選別することができるため、効率良く産廃選別を行なうことができるのです。またソイルブレンダーという機械では、汚れた土や泥をキレイにして高品質な土にすることができます。このような機械を使うことで、今まで以上に効率良く産廃選別を行なうことができるので、一度試しに利用してみてください。詳しいことは業者に相談してみて、選別するものを説明すればどの機械を使用したらいいのかアドバイスがもらえます。

処理をする機械

作業員

廃棄物処理を行なうには、様々な機械を使用することで効率よく行なうことができます。これらの機械は購入するよりも、レンタルした方がお得ですしメンテナンスも定期的に行なってくれるので多くの企業がレンタルしています。

Read More...